KATO 白色室内灯セットの取り付け

KATOの白色室内灯セット(11-209)を初めて購入してみました. 最近は車両ばかりに目が行ってしまい,オプションパーツの購入まで手が届かず….

従来製品の新室内灯セット(11-204)は以前に購入したことがありますが,新室内灯セットの光源は電球でした. これに対して,白色室内灯セットは光源に白色LEDを採用しています. 蛍光灯の光を再現できるほか,低消費電力であることが特長と言えるでしょう.

今回は,KATOのキハ52 一般色(6041-1)に取り付けてみました.

パッケージ

パッケージ,説明書ともに英文が併記されています.

セット内容

照明板(透明プラスチック),アルミ箔,基板,カラーフィルター(橙色プラスチック),基板ホルダーが各1個ずつ,集電シュー(銅板)が2個入っています. カラーフィルターは,白色LEDの光を通して白熱灯の色を再現するための部品です. 今回は使用しませんでした.

取り付け方法

参考程度に,各自の責任のうえでご覧ください.

1.車両を分解します

分解と言っても,床下(動力)部とボディに分解するだけです. 床下とボディは,ツメで固定されています.ツメの位置は台車付近(ドア付近)です.

2.基板の裏面にカットしたアルミ箔を貼り付けます(約6mm)

両サイドにある切欠き部分は,アルミ箔に切り込みを入れ,折り返しておきました.

3.基板ホルダーを取り付けます

基板から伸びている2本のピンが,基板ホルダーの溝にはまるように注意します.

4.アルミ箔を屋根裏に貼り付けます

予め貼り付け位置を確認し,アルミ箔を適当な長さにカットしておきます(今回は105mmとしました.) 皺にならないように載せた後,中心から外側に向けて貼り付けると上手くいきました.

5.照明板をカットします

キハ52は両側に運転台があり,ヘッドライト・テールライトのユニットが干渉するため,照明板はそのまま取り付けられません. 写真の赤線部分でカットします.溝がありますので簡単に折れますが,慎重な方はアクリルカッタなどを使うと良いでしょう. 切断面はやすり掛けしておいた方が無難です.

6.照明板を取り付けます

窓ガラスのプラスチックパーツに,照明板を固定するための押さえがあります. 写真では少々わかりづらいですが,実物をよく見て探してください.4ヵ所あると思います. 照明板を正しく取り付けると,ボディを揺すっても,照明板はグラつきません.

7.集電シューを取り付けます

今回のように動力車に取り付ける場合は,集電シューを折り曲げる必要があります. 写真上が折り曲げ前,写真下が折り曲げ後です.

側面から見た写真です.集電シューを床下(動力)部に穴に差し込むだけです.

8.3.で組み立てた室内灯ユニットを取り付けます

側面から見た写真です.差し込むだけです.これで取り付け完了です.

9.点灯試験を行います

床下(動力)部とボディを合わせる前に,点灯試験を行います. 点灯しない場合は,説明書をよく読み,問題点を洗い出しましょう.

こんな時は…

・低速で走らせると,列車の動きと同期してチラつく

車輪や動力ユニットのメンテナンスは行っていますか? 車輪が黒ずんでいる場合は,集電不良が発生している可能性が大きいです.

・走行するが,点灯しない

集電シューと室内灯ユニットのピンは接触していますか? アルミ箔とピンが接触していませんか?

10.床下(動力)部とボディを合わせる

分解とは逆の要領で行います. これで全工程が終了しました.お疲れ様でした.

他社に比べ低価格ですが,取り付けの容易さはTOMIX製の方が断然良いでしょう. KATOの室内灯は,光源が片側に偏っているため,その性質上,光量も光源側に偏りがちです. しかし,工夫次第で改善できる場合もありますから,試行錯誤してみると良いと思います.