16F873A XC8開発例 - LED点滅回路(タイマ0割込みと__delay_ms関数)

はじめに

本ページでは,PIC16F873AとMPLAB XC8 C Compilerを使用した開発例として,LED点滅回路を紹介します. 点滅周期の制御方法として,タイマ0割込み(TMR0割込み)を使用する方法と__delay_ms関数を使用する方法を併せて解説します. 今回はPIC16F873Aを使用していますが,一部を変更することで,PIC16F84AやPIC16F877Aなどでも下記のプログラムを使用できると思います.

下記の環境で動作を確認しておりますが,動作を保証するものではありません. 掲載情報は自己責任の上でご利用ください.

PIC 16F873A-I/SP
MPLAB X IDE MPLAB X IDE v1.85 for Mac
MPLAB XC8 MPLAB XC8 C Compiler v1.20 for Mac
PICkit 2 MPLAB X IDEを使用して書込み

回路

回路図

今回は,自作にした汎用PICマイコンボードを使用しました. 下記のプログラムの動作に必要な部分を抜粋した回路は,下図の通りです. 下図の回路では,PICkit 2によるICSP (In Circuit Serial Programming)と電源供給を行うことし,回路部品数を必要最低限に抑えています.

回路部品

上記の回路図中で使用している回路部品のリストです. 参考単価は,特に記載がない限り,秋月電子通商で購入した場合のものです.

使用部品表
番号 部品名 型番 数量 参考単価
U1 PICマイコン Microchip 16F873A-I/SP 1 350円
X1 セラロック 村田製作所 20MHz 1 30円
LED1 - 3 LED 各社 φ3 緑色 3 10円
R1 炭素皮膜抵抗 各社 1/4W 10kΩ 1 1円
R2 - 4 炭素皮膜抵抗 各社 1/4W 330Ω 3 1円
その他 リード線など 適量

プログラム

下記のプログラムはMPLAB XC8 C Compiler向けです.Cコンパイラの種類にご注意ください.

PICマイコンで待ち時間を生成する方法は,大きく分けて,TMR0割込みなどのタイマ機能を使用する方法と,命令実行サイクル(命令実行に要する時間)を使用する方法があります. 下記のプログラムでは,LED2 (RC4)およびLED3 (RC5)の点滅にTMR0割込みを,LED1 (RC3)の点滅に命令実行サイクルを利用しています. MPLAB XC8 C Compilerの場合,__delay_ms関数を使用することで,引数で指定した時間分(ミリ秒)の待ち時間を命令実行サイクルを使用して生成することができます. 待ち時間をマイクロ秒単位で生成したい場合は,__delay_us関数を使用します.

実装

回路構成例

今回は,自作にした汎用PICマイコンボードを使用しました. LEDは左側からLED1 (RC3),LED2 (RC4)およびLED3 (RC5)です.

動作例

上記のプログラムを実際に動作させたときの映像です.

__delay_ms関数にエラーマークが表示されるときは

文法や関数の利用方法に問題がなくコンパイルが成功するにも関わらず, __delay_ms関数や__delay_us関数にエラー(警告)マークが表示される場合,下記の記事をご一読ください.

blog 渓鉄: MPLAB X+XC8で__delay_ms関数にエラーマークが表示される問題の解決方法

更新履歴

2014/06/29 プログラムの関数構成を変更
2013/08/-- 公開開始